​©️耳文庫mimibunko

活動レポートと読み聞かせ本

CATEGORIES

Please reload

耳文庫の活動と読み聞かせの本のレポートです。読み聞かせの本のレポートでは、子供達の反応や、読み聞かせの様子、本を選んだ理由などをご紹介します。皆さんが本を選ぶ時の参考にして頂けたら嬉しいです。

May 15, 2019

05月11日​土曜日にシアトル日本語補習学校で人形劇と紙芝居を行いました。紙芝居は「ネズミちょうじゃ」。人形劇は「ネズミの嫁入り」です。低学年の皆さんに2回に分けて公演しました。助っ人には、清美さん、江村さん、島倉さんが参加して下さいました。ありがとうございました。

また、今年も元気な補習校の皆さんとお会いできてとても嬉しかったです!ありがとうございました。

May 8, 2019

05月07日​火曜日に日本語補習校での公演の準備の為にカークランド図書館で練習をしました。助っ人の皆さま、清美さん、江村さん、美智恵さん、島倉さんが参加して下さいました。ありがとうございました。また、飛び入り訪問で慶子さんが参加して下さいました。慶子さんは長年、耳文庫で活動をしていらっしゃいましたが、去年に日本にお戻りになったメンバーです。お子さんやお孫さんはシアトルにいらっしゃるので、頻繁にこちらに足を運んでいます。今回は、翌日、日本にお帰りとの事でしたが、時間が少しあるという事でお立ち寄り下さいました。ありがとうございました。ま...

May 2, 2019

04月30日​火曜日に耳文庫はシアトルのプリスクール、めぐみプリスクールで人形劇を行いました。めぐみの子供達、楽しく見てもらえたかな?今春は、ネズミの嫁入りをパフォーマンスしています。劇の後、子供達にお人形のネズミや太陽、雲、風さんに触ってもらいました。みんな、とても良い笑顔でお人形と触れ合ってくれました。耳文庫一同、楽しく公演させていただきました。ありがとうございました。

April 24, 2019

4月22日にシアトルのCo-opプリスクール、たんぽぽで人形劇を行いました。可愛らしい子供達と温かいご家族の皆さんにお会いできてとても嬉しかったです。楽しく人形劇を見て下さってありがとうございました。今年もご家族の皆さんと子供達が楽しく活動している様子も伺えて、耳文庫一同とても幸せな気持ちになりました。ありがとうございました!

April 17, 2019

04月16日​火曜日、図書館で公開練習をしました。今回は、みちよさんときよみさんが練習に参加して下さいました。ありがとうございます!

ハプニングもありました!お人形がない???ステージをセットした後で、お人形が見つかりません。さちえさんのお家にまだいるようです!いつもならガレージに収まっているはずのお人形の箱がお人形の手直しをしたためリビングルームに置かれていたようです。さちえさん、お家まで取りに戻って下さいました。有難うございました!今回も楽しい練習になりました。

March 29, 2019

03月28日​木曜日 シアトルの公立小学校、John Stanford International elementary schoolで人形劇を催しました。毎年恒例の人形劇です。ジョンスタンフォードの子ども達、とっても元気が良くて大いに盛り上がりました。耳文庫一同、「この笑顔、本当に嬉しい!」とボランティア活動冥利に尽きる思いです。ありがとうございました〜。

また、今回は、レギュラーメンバーに加え、清美さんと幸恵さんの娘さんのめぐちゃんが助っ人で参加して下さいました。清美さんは今春の公演には全面的に参加くださる予定です。清美さん、あり...

March 27, 2019

ウディンビル図書館で03月26日火曜日 11:00amから公開練習を行いました。

オープンハウス第3弾です。今回は、今年新たに生まれ変わった「ねずみの嫁入り」の公開練習や読み聞かせをしました。遊びに来て下さったお子さん達、お母さんの皆さん、ありがとうございました。

January 14, 2018

ミロとまほうのいし

作:マーカス・フィスター

訳:谷川俊太郎

出版社:講談社

この本は、翻訳物なので、バイリンガルの子達は、英語版でも読んでいるかなと思って、選択しました。またストーリーの終末が、2通りあって、途中からページが半分づつになり選べる様になってます。「しあわせなおしまい」と「かなしいおしまい」があります。

子供達にどちらが良いか尋ねたら、ほとんどの子が「かなしいおしまい」を選んだので、意外でした。時間に余裕があったので、結局両方の結末を読んだのですが、両方読んでも、やはり「かなしいおしまい」の方が良かった!と言ってました。ストーリ...

January 14, 2018

おしゃれなおたまじゃくし

絵:塩田守男

文:さくら ともこ

出版社:PHP研究所

大型絵本なので、絵本を見せた時から、子供達がとても喜んでいました。おたまじゃくしがどんどん大きくなって、体が変化していく様子が面白く描かれていて、それも絵本を通して、楽しく学ぶ事が出来ます。物語の中の洋服屋のうさぎさんの歌に簡単なメロディをつけて、みんなでハサミとミシンの真似をしながら、全員でうさぎさんの洋服作りの応援をしました。何回読んでも楽しい絵本です。

January 14, 2018

おおきく おおきく おおきくなあれ

脚本・絵:まつい のりこ

出版社:童心社

低学年なので子供達に参加型の物を選びました。

紙芝居は小さな豚、卵、ケーキが大きくなる単純な内容です。皆も一緒に『おおきくおおきくおおきくなあれと』掛け声をかけてもらうのですが、3クラスともみんなで一生懸命声を出してくれました。本当に可愛かったです。

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now